特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

なるほドリ

バイデン氏の露大統領批判、問題なの? 「体制転換狙い」と反発 緊張高め停戦妨げも=回答・金寿英

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
演説する米国のバイデン大統領=ワルシャワで2022年3月26日、ロイター
演説する米国のバイデン大統領=ワルシャワで2022年3月26日、ロイター

 なるほドリ 米国のバイデン大統領がウクライナに侵攻(しんこう)しているロシアのプーチン大統領を「権力の座にとどまってはならない」と批判して話題になっていたね。

 記者 発言は3月26日、ウクライナの隣国・ポーランドでの演説で飛び出しました。米国がプーチン政権(せいけん)の転覆(てんぷく)を目指しているのではとの見方が広がりました。準備された演説の原稿には無かった発言で、ロシア側は自国の大統領を選ぶのは「ロシア国民だ」と強く反発しました。

 Q ウクライナの惨状(さんじょう)を見ると共感する人もいそうだけど。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文790文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集