企業選びから面接対策まで 就活生の利用急増「新卒エージェント」の実態

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
企業の合同説明会でブースを回る学生たち=福岡市中央区の福岡ペイペイドームで2022年3月1日午後1時22分、矢頭智剛撮影
企業の合同説明会でブースを回る学生たち=福岡市中央区の福岡ペイペイドームで2022年3月1日午後1時22分、矢頭智剛撮影

 2023年春に卒業予定の学生の就職活動が本格化している。企業の合同説明会に多くの学生が集まる光景は毎年恒例だが、最近は企業選びから面接対策までサポートする「新卒エージェント」を利用する就活生が増えているという。実態や背景に迫った。

就活生を無料で支援

 「理想とする会社に出合い、内定をもらえた」。東京都内の大学に通う茂木晶さん(22)は3月下旬、都内のIT企業から内定の連絡を受け、胸をなで下ろした。茂木さんがこの企業の採用試験を受けるきっかけになったのが新卒エージェントだ。

 新卒エージェントは学生の就職活動を支援するサービスだ。学生がサイトに自分の情報を登録すると、専任のコンサルタントがつき、就活に関する相談やエントリーシートの添削などに応じるほか、学生の希望にそって企業が紹介される。学生の利用は無料で、学生を採用した企業がエージェントに紹介料を払う仕組みだ。

「出遅れずに済んだ」

 茂木さんは21年10月にサービスに登録し、週に1回ほど、…

この記事は有料記事です。

残り1307文字(全文1730文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集