連載

僧侶・陽人のユーチューバー巡礼

ユーチューバー僧侶、小池陽人さんを案内人に「ユーチューブ」の担い手と情報発信の現在地を探ります。

連載一覧

僧侶・陽人のユーチューバー巡礼

「白黒はっきり」は怖い 安田菜津紀さん×ユーチューバー僧侶/前編

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
社会の小さな声に耳を澄ますなかで聞こえてきた課題についてオンラインで語り合う、㊧僧侶の小池陽人さん=菱田諭士撮影=と、㊨フォトジャーナリストの安田菜津紀さん=佐藤慧さん撮影
社会の小さな声に耳を澄ますなかで聞こえてきた課題についてオンラインで語り合う、㊧僧侶の小池陽人さん=菱田諭士撮影=と、㊨フォトジャーナリストの安田菜津紀さん=佐藤慧さん撮影

 誰もが「発信者」になれる世の中だ。手軽に映像を撮影、編集できる環境が整い、動画投稿サイト「ユーチューブ」の存在感はますます大きくなっている。そんなメディアを駆使する人たちを訪ね、情報発信の現在地を探る新企画。案内役は、自身も仏教の法話動画を発信するユーチューバー僧侶、小池陽人さん(35)に務めてもらう。第1回のゲストは、フォトジャーナリストで認定NPO法人「Dialogue for People(ダイアローグ・フォー・ピープル、D4P)」副代表理事の安田菜津紀さん(35)。社会の小さな声に耳を澄ます2人に、聞こえてきた課題についてオンラインで語り合ってもらった。

 今回は前後編で紹介するうちの前編。安田さんが亡き父のルーツをたどる旅の中で感じた祈りの意味、そして安易に誰かを「排除」してしまう心理について仏教の視点から見えることとは。【構成・花澤茂人】

※後編は23日午後8時に公開します。

小さき声に光を

 安田 わたしたち、同じ学年ですよね。小池さんが1986年のお生まれで、私が87年の3月なので。

 小池 そうですね。こうしてお話をできるのが本当に楽しみでした。D4Pの配信は欠かさずチェックしています。一貫しているのが、小さな声、弱き人の声をすくい上げて届けてくださること。毎回「知らなかった」の連続です。

 安田 置き去りにされがちなところに意識的に光を当てているのですが、最初は私たちも気づいていなかった社会課題ばかりで、一緒に共有していく感覚です。音…

この記事は有料記事です。

残り3528文字(全文4160文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集