特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい プーチン氏の論理、読み切れ 元外交官・東郷和彦さん 77歳

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
=宮本明登撮影
=宮本明登撮影

 ロシアの軍事侵攻は予想以上に危険な段階に入りつつある、と警告する元外交官がいる。「プーチン(ロシア大統領)は危険な男です。彼の論理を読み誤ると恐ろしいことになる」とも話しているらしい。旧ソ連時代から半世紀以上もロシアという大国と向き合ってきた東郷和彦・静岡県立大グローバル地域センター客員教授(77)である。

 東京都内の自宅を訪ねると、厳しい表情を浮かべた東郷さんが書斎で考え込んでいた。外交官の本能として「どうすれば戦争を終わらせられるか」で頭がいっぱいだという。「敵を知らずして戦争を終わらせることはできない。今、日本を含め西側世論は『プーチンは悪』と単純化している。プーチン氏がやっていることは私も絶対に許せませんよ。でもね、彼の行動を予測するためにも、まずは歴史を直視せねばなりません」

この記事は有料記事です。

残り3242文字(全文3590文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集