特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

IMF委員会、初の共同声明見送り ロシアの侵攻批判で合意できず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
議長声明を発表後に会見するIMF金融委員会のナディア議長=ワシントンで2022年4月21日、ナディア氏のツイッターより
議長声明を発表後に会見するIMF金融委員会のナディア議長=ワシントンで2022年4月21日、ナディア氏のツイッターより

 国際通貨基金(IMF)は21日、米首都ワシントンで金融委員会を開き、ロシアによるウクライナ侵攻を批判する文言を盛り込んだ議長声明を発表した。一方、全会一致を必要とする共同声明は見送った。委員会を構成する24カ国の中で、ロシアが反対したためとみられる。委員会は2000年以降、毎年春と秋の2回会合を開いてきた。共同声明の発表が見送られたのは45回目で初めて。

 声明は冒頭、国連総会が3月に141カ国の賛成多数で採択したロシアへの非難決議に言及。そのうえで「ウクライナに対するロシアの戦争が甚大な人道的影響をもたらし、世界経済に有害な影響を及ぼすと認識している」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文661文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集