高架道路のトレーラーからコンテナ落下、けが人なし 横浜・鶴見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
転落したコンテナで下敷きになったトラック=横浜市鶴見区大黒ふ頭で2022年4月22日午後6時15分、鈴木悟撮影
転落したコンテナで下敷きになったトラック=横浜市鶴見区大黒ふ頭で2022年4月22日午後6時15分、鈴木悟撮影

 22日午後3時15分ごろ、横浜市鶴見区大黒ふ頭にある高架状の国道357号を走行していたトレーラーの50代男性運転手から「カーブで荷物が傾き、コンテナが落ちた」と110番があった。コンテナには鉄のかたまりが入っており、道路脇から落下。約14メートル下に止まっていた複数のトラックが下敷きになった。けが人はいなかった。

 神奈川県警鶴見署によると、鉄のかたまりは重さ約16トン。下敷きになったトラックは輸出のために止められていたという。現場は横浜ベイブリッジに向かう片側1車線で、左カーブの上り坂。この事故で現場付近は約2時間通行止めになった。

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文405文字)

あわせて読みたい

ニュース特集