不当解雇訴訟で大津漁協側争う姿勢 地裁口頭弁論 /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大津漁協(北茨城市)から不当に解雇されたとして、元職員の男性2人が同漁協に解雇無効や未払いの賞与などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が22日、水戸地裁(阿部雅彦裁判長)で開かれた。大津漁協は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

 訴状によると、原告男性2人は労働組合とともに、理由不明の休職処分の取り消しな…

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文296文字)

あわせて読みたい

ニュース特集