特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

中島岳志・評 『生き直す 免田栄という軌跡』=高峰武・著

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 (弦書房・2200円)

凡庸な悪によって蹂躙された人生

 1948年12月30日未明。熊本県人吉市で祈禱師(きとうし)一家4人が殺傷されているのが見つかった。それから約半月後、免田栄さんが殺人容疑で逮捕される。ちょうど年明けの1月1日に戦後の新しい刑事訴訟法が施行されており、この事件が戦後の重大事件第一号となった。

 一度は容疑を認める自白調書が作成されたものの、まもなく免田さんはアリバイを主張し、容疑を全面否認する。しかし1952年1月5日、最高裁で死刑が確定した。

この記事は有料記事です。

残り1797文字(全文2031文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集