特集

ゴーン被告逃亡

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が2019年にレバノンに逃亡。なぜ逃亡できたのか。今後の裁判の行方は。

特集一覧

ゴーン被告、逮捕状発付「想定していた」 仏メディアに無実主張

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
カルロス・ゴーン被告=レバノンで2021年5月25日、AP
カルロス・ゴーン被告=レバノンで2021年5月25日、AP

 前日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告は22日、フランス捜査当局が自動車大手ルノーの会社資金の不正使用疑惑を巡り国際逮捕状を発付したことについて「判決が出たわけではなく、推定無罪が適用される」と述べ、自身が無実だと改めて主張した。逃亡先のレバノンからフランスのニュース専門テレビBFMのインタビューに応じた。

 フランスのメディアによると、ルノーと日産の企業連合統括会社と中東オマーンの自動車販売代理店「SBA」の間で行われた計約1500万ユーロ(約21億円)の金銭授受を巡り、会社資産の乱用やマネーロンダリング(資金洗浄)などの疑いが持たれている。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文591文字)

【ゴーン被告逃亡】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集