群馬・太田をバスケの街に Bリーグ親会社と市がタッグ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2021ー22シーズンから群馬クレインサンダーズに加わった五十嵐圭。日本代表経験もあり、チームの「看板」だ=群馬県太田市運動公園市民体育館で2022年4月6日午後7時42分、上鵜瀬浄撮影
2021ー22シーズンから群馬クレインサンダーズに加わった五十嵐圭。日本代表経験もあり、チームの「看板」だ=群馬県太田市運動公園市民体育館で2022年4月6日午後7時42分、上鵜瀬浄撮影

 2021―22シーズンから本拠地を群馬県太田市に移したプロバスケットボールBリーグの群馬クレインサンダーズ(CT)が、初のB1で今季の大詰めを迎えている。そんな中、親会社で東証プライム上場の不動産会社、オープンハウスグループ(OH)が、バスケット人気を軸に市場拡大に乗り出した。4月に県内初の営業所を同市中心部にオープン。新体育館の23年度完成を前に定住者とブースター(ファン)拡大を図り、「一大バスケタウン」にしたい構えだ。【上鵜瀬浄】

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1118文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集