特集

オリックス

プロ野球・オリックス・バファローズの特集サイトです。

特集一覧

佐々木朗希のパーフェクト止めたオリックス福田周平、どんな選手?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【オリックス-ロッテ】一回裏オリックス無死、ロッテの先発・佐々木朗から右前打を放ち拳を握るオリックス・福田=京セラドーム大阪で2022年4月24日、中川祐一撮影
【オリックス-ロッテ】一回裏オリックス無死、ロッテの先発・佐々木朗から右前打を放ち拳を握るオリックス・福田=京セラドーム大阪で2022年4月24日、中川祐一撮影

 プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手(20)が24日、京セラドーム大阪で行われたオリックス戦に先発し、一回に先頭の福田周平外野手(29)に右前打で出塁を許した。史上16人目の完全試合を達成した10日のオリックス戦、8回を完璧に抑えた17日の日本ハム戦で継続していた「パーフェクト」投球は17回で止まった。

 福田は初球の159キロ直球を右前に運んだ。大阪府出身で広島・広陵高、明大、NTT東日本を経てドラフト3位で2018年に入団。167センチと小柄だがミートが巧みで、昨年も107試合に出場し、打率2割7分5厘を残した。4月10日の試合では5番で起用され、「人生初かもしれない」という3打席連続三振を喫していた。「(10日の試合で)一番良いであろうイメージができている。次の対戦でそれを生かせるようにした…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文454文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集