理研、定説覆す「暗黒の細胞死」発見 細胞置き換わりの新現象

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
理化学研究所=埼玉県和光市で、橋本政明撮影
理化学研究所=埼玉県和光市で、橋本政明撮影

 生き物の臓器などは、機能や形態を維持するのに、老化したり傷付いたりした細胞の置き換わりが欠かせない。この際の細胞が死ぬ現象の新たなパターンを、ショウジョウバエを使った研究で明らかにしたと、理化学研究所などのチームが26日、米科学誌プロス・バイオロジー電子版で発表した。定説を覆す新たな細胞死で、この現象が起きる部分が真っ黒いことから「エレボーシス(暗黒の細胞死)」と命名された。

 動物の体内では、特に腸や皮膚といった新陳代謝が盛んなところでは、多くの細胞が置き換わる。腸では「アポトーシス(細胞の自殺)」という現象が起きていると考えられている。しかし、研究チームは腸でアポトーシスを起こしている証拠が少ないことから、この定説を疑問視していた。

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文934文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集