特集

藤井聡太 新たな歴史刻む天才

デビューから無敗のまま歴代最多29連勝を記録した藤井聡太。17歳11カ月でタイトルを獲得した「天才」が築く新時代とは。

特集一覧

藤井聡太棋聖は「99勝より1敗を見る」 熟知の研究仲間、いざ挑戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
渡辺明名人を破って藤井聡太棋聖への挑戦を決めた永瀬拓矢王座=東京都渋谷区の将棋会館で2022年4月25日(日本将棋連盟提供)
渡辺明名人を破って藤井聡太棋聖への挑戦を決めた永瀬拓矢王座=東京都渋谷区の将棋会館で2022年4月25日(日本将棋連盟提供)

 25日に指された将棋の第93期棋聖戦(産経新聞主催)の挑戦者決定戦を制し、藤井聡太棋聖(19)の挑戦者に決まった永瀬拓矢王座(29)。藤井がプロ入りした頃から定期的に研究会に誘って共に腕を磨き、「藤井棋聖の実力は一番自分が分かっている」と自負するほどだ。自身も年間5000時間を将棋の研究に充て、そのストイックな姿勢から将棋ファンの間で「軍曹」とも呼ばれるが、藤井の強さについては「結果が出ても満足しないタイプ。99うまくいっても、1うまくいかなかったところを掘り下げてくる。それは(プロ入り直後の)四段の頃から全く変わっていないのがすごいところ」と称賛した。

 永瀬は、ネットを通じて「頻度は言えないけど定期的」に藤井との研究会を重ねている。将棋盤を直接挟んでの研究はしばらく行っていないが、「藤井棋聖は将棋盤が目の前にあった方が強い集中型。対面でやるとまた一段と違う」と語る。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文824文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集