特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

北京、コロナ厳戒 封鎖懸念で市民買いだめ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
PCR検査場に並ぶ市民ら=北京市朝陽区で2022年4月25日、岡崎英遠撮影
PCR検査場に並ぶ市民ら=北京市朝陽区で2022年4月25日、岡崎英遠撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、北京市当局は25日、最大の行政区である朝陽区の全区民350万人と通勤者を対象とした大規模PCR検査を始めた。市内では上海市のような都市封鎖(ロックダウン)への懸念から、市民らによる買いだめの動きも出ている。中国政府は厳格な行動制限などで新型コロナを封じ込める「ゼロコロナ」政策を掲げ「首都防衛」を徹底してきたが、正念場を迎えている。

 中国国家衛生健康委員会によると、北京市では24日に新たに19人の市中感染者(無症状を含む)を確認し、半数以上は大使館や日系企業の本社が集まる朝陽区だった。市衛生当局は24日夜、25~29日に朝陽区の全区民と通勤者全員に対し3回のPCR検査を実施することを決定した。感染者が確認された居住区の周辺地域は封鎖され、スーパーなどには食材を買い込む人々が殺到した。当局は「食料の供給は十分だ」と強調するが、…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文554文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集