連載

越智貴雄のパラスポーツ進化論

ドキュメンタリー写真家・越智貴雄さんが「すごいっ!」と感じたパラアスリートたちの可能性をリポート。

連載一覧

越智貴雄のパラスポーツ進化論

「補う」ではなく「拡張する」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2012年に出版された中西麻耶選手のセミヌードカレンダーより=越智貴雄さん撮影
2012年に出版された中西麻耶選手のセミヌードカレンダーより=越智貴雄さん撮影

 「義足が羨ましい」。そんな言葉にドキッとしたことがある。

 2012年。ロンドン・パラリンピック出場を目指していた陸上の中西麻耶選手の競技資金捻出をサポートするため、セミヌードカレンダーの写真撮影を担当した。国内の新聞だけでなく、海外のテレビ局など多くのメディアで取り上げられ、1万部を発行した。

 私の撮影意図は明確だった。中西選手の練習量がオリンピック出場選手と変わらないと伝えること、バキバキに割れた腹筋をはじめ筋骨隆々とした体を表現することだ。

 当時すでにパラスポーツを取材して10年以上経過していた。まだまだ「スポーツをしている障害者」という点ばかりフォーカスされ、「かわいそう」「頑張っている」というイメージが根強く、競技スポーツとして世の中に伝わらないことにじくじたる思いを抱えていた。それを拭い去りたい気持ちもあった。

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文922文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集