特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

原発訴訟上告審 「大事なものすべて奪った」 原告語った胸の内

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
最高裁判所=東京都千代田区隼町で、本橋和夫撮影
最高裁判所=東京都千代田区隼町で、本橋和夫撮影

 「大事にしてきたものすべてを原発事故が奪った」――。東京電力福島第1原発事故により地元での生業(なりわい)を奪われたなどとして、福島県内や隣県に避難した人ら3500人超が国と東電に損害賠償などを求めた訴訟。25日に最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)であった上告審弁論で、原告側代表として意見陳述した深谷敬子さん(77)は、苦しい胸の内を明かした。【磯貝映奈】

 「何も悪いことをしていない私たちが、どうしてこのような目に遭うのか」。法廷で深谷さんは訴えた。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文693文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集