山梨・道志村で未成年の骨発見、女児不明のキャンプ場から600m

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
捜索に向かう山梨県警の捜査員ら=山梨県道志村で2022年4月26日午前9時ごろ、木村健二撮影
捜索に向かう山梨県警の捜査員ら=山梨県道志村で2022年4月26日午前9時ごろ、木村健二撮影

 山梨県道志村で未成年のものとみられる骨の一部が見つかり、山梨県警は26日朝から約50人態勢で残りの部位や遺留品などの捜索を始めたことが捜査関係者への取材で判明した。同村の「椿荘オートキャンプ場」では2019年9月に当時小学1年生で7歳だった小倉美咲さん(千葉県成田市)が行方不明になっている。県警は事件と事故の両面で調べるとともに身元確認を急いでいる。

 関係者によると、骨の一部はキャンプ場から約600メートル離れた林道近くの沢で見つかった。ボランティアが発見したという。県警は26日に司法解剖して死因を調べる一方、DNA型鑑定で身元確認を進めている。これまでのところ、現場周辺で小倉さんの所持品などは見つかっていないという。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文554文字)

あわせて読みたい

ニュース特集