特集

知床観光船事故

2022年4月23日、知床半島沖で観光船が沈没。乗客乗員計26人のうち14人が死亡、12人が行方不明に。

特集一覧

「出航判断は誤り」経緯説明、被害者に謝罪 知床遊覧船社長会見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見で事故の経緯を説明する運航会社「知床遊覧船」の桂田精一社長=北海道斜里町で2022年4月27日、猪飼健史撮影
記者会見で事故の経緯を説明する運航会社「知床遊覧船」の桂田精一社長=北海道斜里町で2022年4月27日、猪飼健史撮影

 北海道・知床半島沖で乗客乗員計26人が乗った観光船「KAZU Ⅰ(カズ ワン)」が浸水した事故で、運航会社「知床遊覧船」(北海道斜里町)の桂田精一社長(58)が27日、同町のホテルで記者会見し「亡くなられた被害者の方、捜索中の被害者の方、申し訳ございませんでした。ご家族にも大変な負担をかけている」と謝罪した。事故発生から5日目。公の場で初めて事故の経緯などを説明し、出航判断の誤りを認めた上で「安全管理が行き届いていなかった」と述べた。【山田豊、北村秀徳、真貝恒平、高山純二】

 桂田社長によると、事故当日の23日は午前8時ごろ、豊田徳幸船長(54)と今季初の運航を協議。船長から「午後から天気が荒れる可能性があるが、出航は可能」と言われ、海が荒れたら引き返す「条件付き運航」を決めた。桂田社長は「出航を決めたのは私」としつつも「引き返す判断は船長」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文1071文字)

【知床観光船事故】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集