特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ患者情報システム 一時外部ログイン可能 大阪市がID流出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「HER-SYS(ハーシス)」のログインIDなどをマスキングせずに開示された資料(画像の一部を加工しています)
「HER-SYS(ハーシス)」のログインIDなどをマスキングせずに開示された資料(画像の一部を加工しています)

 大阪市は27日、新型コロナウイルス患者の情報を管理する政府の情報共有システム「HER―SYS(ハーシス)」のログインIDやパスワードを一般市民7人に誤って漏らしていたと発表した。7人から情報公開請求を受けた際、開示資料をマスキングせずに渡していたという。システムに入れば患者の個人情報を閲覧することも可能だったが、実際にログインした人はいなかったとしている。

 流出したのは、ログイン時に必要なURL▽IDとして使うメールアドレス▽パスワード――の情報。市はハーシスへの入力を民間企業に一時委託しており、その操作入力マニュアルに記されていた。開示請求した7人は3~4月に資料を順次受け取っていた。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文667文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集