連載

とうほくえきものがたり

東北各地に点在するユニークな駅。知る人ぞ知る、駅にまつわる物語を紹介する。

連載一覧

とうほくえきものがたり

岩手川口駅 宝塚女優の出発点

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
駅舎内にある園井恵子の展示室を眺める柴田和子さん=岩手県岩手町の岩手川口駅で2022年3月19日、日向米華撮影
駅舎内にある園井恵子の展示室を眺める柴田和子さん=岩手県岩手町の岩手川口駅で2022年3月19日、日向米華撮影

 <東北駅物語>

 宝塚歌劇に憧れた15歳の少女は、片道切符とかばん一つを手に家出同然でふるさとの駅を後にした。岩手県岩手町にあるIGRいわて銀河鉄道の「岩手川口駅」は、宝塚歌劇団の女優だった園井恵子が夢に向かって旅立った場所だ。駅舎内には往年の姿を伝える展示室、線路そばには宝塚大劇場(兵庫県)の「花のみち」を模した花壇が整備され、園井の足跡をたどることができる。【日向米華】

 園井は1913年に旧松尾村(現岩手県八幡平市)に生まれ、旧川口村(現岩手町)で幼少期を過ごした。盛岡の女子師範学校や北海道の女学校で学んだが、宝塚への憧れを断ち切れず女学校を中退。岩手町に戻った後、家族の反対を押し切り単身で宝塚に向かった。

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1087文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集