生命力感じる木彫 新作含む50点、富山さん作品展 富山・黒部 /富山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自らの50年の歩みを振り返る富山省三さん=富山県黒部市堀切の市美術館で、青山郁子撮影
自らの50年の歩みを振り返る富山省三さん=富山県黒部市堀切の市美術館で、青山郁子撮影

 半世紀も前からSDGs(持続可能な開発目標)をアートで実践してきた木彫家、富山省三さん(81)=富山県魚津市=の軌跡を振り返る展覧会「木とめぐり、つづく道」が6月26日まで、同県黒部市堀切の市美術館で開かれている。

 富山さんは1970年代初めに木彫家、丸山譲さんに師事。74年に本格的な作家活動を始めた。建築廃材、使われなくなった道具や家具、アトリエ周辺に落ちている枝などを作品として再生…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

あわせて読みたい

ニュース特集