環境保全を訴え海の生き物講座 福山大6回目 尾道 /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 尾道市因島大浜町の「渚の交番SEABRIDGE(シーブリッジ)」で23日、瀬戸内海の生き物に親しむワークショップ「しまなみサイエンスカフェ」があった。福山大生命工学部の太田健吾教授がマダイやカレイ、イカの生態を解説し、家族連れら13人が顕微鏡観察を楽しんだ。

 福山大が2021年8月から開催している…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

あわせて読みたい

ニュース特集