特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

口元見える透明マスク、保育現場などで活用 「表情伝えられる」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
透明マスクを着用した埼玉県越谷市職員の女性=埼玉県越谷市提供
透明マスクを着用した埼玉県越谷市職員の女性=埼玉県越谷市提供

 新型コロナウイルスの感染拡大から2年以上が経過し、マスク生活が長期化している。「子どもに表情が伝わらない」「業務に支障をきたしている」といった声を受けて、保育現場などで口元が見える透明マスクの活用が広がっている。

 4月、埼玉県越谷市の市立荻島保育所。透明マスクをつけた保育士が園児に昼食を食べさせていた。保育士が「もぐもぐだよ」と声をかけながら食べ物を咀嚼(そしゃく)する様子を見せると、園児もマスク越しの口元の動きをまねしてもぐもぐと口を動かし始めた。金子真紀所長(48)は、「咀嚼の仕方など、不織布のマスクだとわからない表情を作るとき、口元の動きを伝えられる」と話す。

 マスクで口元が見えないことで子どもの発達に影響があるのではないか――。マスク生活の影響はわかっていないことも多いが、越谷市では4月、市民の声を受けて透明マスク約1000枚を公立保育所の保育士ら約500人に配布した。園児約120人が在籍する荻島保育所では食事や読み聞かせの場面で利用している。マスクが曇ったり蒸れたりする難点はあるが、保護者からは好意的な声があがっている。市は今後、民間保育園などでも透明マスクを導入して効果を検証していく意向という。

 透明マスクの活用は…

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1365文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集