伊勢正三さん紹介する「海風音楽庵」開館へ 出身地の大分・津久見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
伊勢正三さんゆかりの品々を展示する資料館「海風音楽庵」と田中陽一代表理事=2022年4月26日午後3時26分、衛藤親撮影
伊勢正三さんゆかりの品々を展示する資料館「海風音楽庵」と田中陽一代表理事=2022年4月26日午後3時26分、衛藤親撮影

 フォークグループ「かぐや姫」や「風」で活躍した大分県津久見市出身のシンガー・ソングライター、伊勢正三さん(70)の曲や人柄を知ってもらおうと、市内の有志らが伊勢さんの楽器や楽譜などを展示する資料館「海風(うみかぜ)音楽庵」の準備を進めている。7月に本格オープンの予定だが、30日と5月1日の2日限定でプレオープンしてアピールする。

 開館準備を進めるのは、昨年11月に設立された一般社団法人「なごり雪の会」(田中陽一・代表理事)。事務局長の河村和彦さん(62)がテレビ大分に勤務していたころから伊勢さんと親交があり、ギターや楽譜などを預かっていた。多くの人に見てもらう場所を作ろうと声を上げ、幼なじみの田中さんらが賛同した。

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1072文字)

あわせて読みたい

ニュース特集