特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

大人も子どもも国籍も関係なく 語り合える「外国人食堂」 大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
無料の食事が提供された「外国人食堂」=大阪市浪速区で2022年4月27日午後5時40分、北村隆夫撮影
無料の食事が提供された「外国人食堂」=大阪市浪速区で2022年4月27日午後5時40分、北村隆夫撮影

 外国人の就労や生活支援をする「YOLO JAPAN」(大阪市浪速区)は27日、新型コロナウイルス感染拡大で経済的に厳しい状況にある日本在住の外国人を対象に、「外国人食堂」プロジェクトを始めた。交流機会が減っている今だからこそ、子どもから大人まで国籍に関係なく集い、日々の悩みなども共有する「居場所」となることを目指す。

 21万人の在留外国人が登録する同社運営のメディアを通じて募集した。この日は同社施設の会場に留学生や求職者ら約35人が集まった。無料の食事が提供され、日本語講座や、企業との就職面談など日本での仕事探し、ライフサポートもあった。

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文425文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集