サッカー Jリーグ 東北各クラブ決算 業績回復、足取り明暗 赤字チーム、黒字化に全力注ぐ /宮城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2期ぶりの黒字決算を発表するJ2モンテディオ山形の相田健太郎社長=山形県天童市のNDソフトスタジアム山形で2022年4月26日、熊田明裕撮影
2期ぶりの黒字決算を発表するJ2モンテディオ山形の相田健太郎社長=山形県天童市のNDソフトスタジアム山形で2022年4月26日、熊田明裕撮影

 サッカーJリーグに所属する東北各クラブが28日までに2021年度決算をまとめた。J2モンテディオ山形が2期ぶりの最終黒字を確保する一方、J2ベガルタ仙台は4期連続の最終赤字を計上するなど、新型コロナウイルス禍からの業績回復の足取りは明暗が分かれた。【熊田明裕、平家勇大、猪森万里夏、釣田祐喜、江沢雄志】

この記事は有料記事です。

残り1472文字(全文1624文字)

あわせて読みたい

ニュース特集