ベンガラこいのぼり 染色家作品展 きょうまで羽曳野 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中島留彦さんが制作したカラフルな置き型こいのぼり=羽曳野市で2022年4月28日、安田美香撮影
中島留彦さんが制作したカラフルな置き型こいのぼり=羽曳野市で2022年4月28日、安田美香撮影

 羽曳野市の染色家、中島留彦さん(63)がベンガラ染めで制作した置き型こいのぼりを紹介する作品展が28日、同市古市3の洋菓子店「グルマン」で始まった。29日まで。

 ベンガラは土から取れる酸化鉄で、古代から顔料として使われてきた。経年変化に強く日光による退色も少ないことから、近年は繊維製品の染料として用途が広がっている。中島さんは18歳で家業のベンガラ製造・染色加工業を受け継いだ。4年前、初めての男の孫・小谷颯(そう)ちゃん(4)の誕生をきっかけに、自作のこ…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

あわせて読みたい

ニュース特集