大型連休期間 医療ガイド 29日~5月5日 /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
病気の際の相談先
病気の際の相談先

 県は大型連休期間(29日~5月5日)の救急医療体制をまとめた。2日には当番医を置かない地域があるほか、当番医以外でも急患に応じる医療機関がある。また、診療時間や診療科目は変更される場合があり、県は利用前に必ず電話で確認するように呼び掛けている。

 受診可能な医療機関の総合案内は、県救急医療情報センター(073・426・1199、24時間対応)。子どもが急病になった場合は、子ども救急相談ダイヤル(プッシュ回線・携帯電話=#8000、ダイヤル回線・IP電話=073・431・8000、平日午後7時~翌午前9時、休日午前9時~翌午前9時)で、看護師や医師が相談に応じる。新型コロナウイルス感染症の相談は、専用相談窓口(073・441・2170、24時間対応)へ。【山口智】

 各地域の当番医は次の通り(地域の後ろの数字は市外局番)。

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1334文字)

あわせて読みたい

ニュース特集