春の叙勲 県内から72人 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
笑顔で喜びを語る中田さん
笑顔で喜びを語る中田さん

 春の叙勲が29日付で発令され、県内では72人が受章した。内訳は、さまざまな分野で顕著な功績があった人に贈られる旭日章が15人、公務に長年従事した人を対象にした瑞宝章は57人。受章者に喜びの声を聞いた。

 (中綬章以上の名簿は11面に掲載)

 ◆研究して飽きぬテニス

旭日双光章 元県テニス協会長 中田吉也さん(74)=岩国市

 「名誉なことです。協力してくださった多くの方々のおかげです」と喜びを語る。

 県テニス協会の役員を長年務め、会員登録制度の導入などで協会の発展に尽くしてきた。2011年の山口国体では協会副会長として先の開催地の新潟、千葉両県を視察するなど受け入れ準備を進め、テニスの少年男女の舞台となった岩国会場の運営総責任者として大会を成功に導いた。

この記事は有料記事です。

残り1758文字(全文2086文字)

あわせて読みたい

ニュース特集