特集

知床観光船事故

2022年4月23日、知床半島沖で観光船が沈没。乗客乗員計26人のうち20人が死亡、6人が行方不明に。

特集一覧

知床観光船事故 船内捜索は難航か 水深120m、潜水士潜れず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
見つかったカズワンの写真
見つかったカズワンの写真

 カズワンの船体は、浸水事故が起きたとみられる「カシュニの滝」から西北西に約1キロの水深120メートルの海底で見つかった。沈没船などの引き揚げは、海洋汚染防止法が船舶所有者に必要な措置を命じることがあると定め、今回の場合は運航会社「知床遊覧船」が手配する。また、船内の捜索については海上保安庁の特殊救難隊の潜水士が潜ることができる水深限度が約60メートルであるため、難航も見込まれる。

 海保はこれまで、巡視船のソナー(水中音波探知機)などで事故現場周辺を捜索していたが、船体の発見に至っていなかった。29日からは、海上自衛隊の掃海艇「いずしま」が捜索に参加。第1管区海上保安本部によると、いずしまの水中カメラが午前11時7分ごろ「KAZU I」と表示された船体を捉えたという。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文732文字)

【知床観光船事故】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集