特集

第71期王将戦

第71期王将戦は藤井聡太竜王が渡辺明王将に4連勝し、王将位を奪取、史上最年少の5冠を達成。棋譜詳報は棋譜・対局結果にて。

特集一覧

将棋 第71期王将就位式 最年少5冠 藤井は進む

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
王将就位式で贈位状を手にする藤井聡太王将=東京都文京区で11日、猪飼健史撮影
王将就位式で贈位状を手にする藤井聡太王将=東京都文京区で11日、猪飼健史撮影

 第71期ALSOK杯王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、ALSOK特別協賛、囲碁・将棋チャンネル、立飛ホールディングス、森永製菓協賛)を制して初の王将位を獲得した藤井聡太王将(19)の就位式と記者会見が11日、東京都文京区の東京ドームホテルで行われた。史上最年少の19歳6カ月で5冠となった藤井は「4連勝は実力以上の結果。今シリーズで感じた課題を来期には修正できるよう精進したい」といつも通りの謙虚さを忘れなかった。

 藤井はさらに「今期王将戦では、中盤の曲線的な展開で少しずつ苦しくなってしまう場面が結構ありました。昨年度は、早指し棋戦では思わしい結果を残せていないので、そこも課題ととらえて取り組んでいきたい」と、1年間で保有タイトルを三つも増やした実績よりも課題を強調した。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文768文字)

【第71期王将戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集