特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

福島のイノシシ 帰還困難区域内外で放射性セシウム濃度に差

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
イノシシ(写真はイメージ)=ゲッティ
イノシシ(写真はイメージ)=ゲッティ

 東京電力福島第1原発事故の帰還困難区域に生息するイノシシの体内の放射性セシウム濃度が、区域外のイノシシと比べて高い値であることが県環境創造センターなどの研究グループの調査で初めて明らかになった。2016年1月から5年間にわたる長期的な調査で、濃度は徐々に減少傾向が見られるという。調査は続いており、研究グループは将来的にイノシシの本格的な駆除再開を通じた住民の生活再建支援につなげたい考えだ。

 調査は国立環境研究所、東京農大と共に実施された。帰還困難区域の内外で、わなにかかったイノシシの筋肉中に含まれていたセシウムを計測した。その結果、21年1月に計測した会津地方と中通り・浜通りの区域外の平均値は基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を下回った半面、区域内の値は約3500ベクレルに達していた。一方、16年1月の区域内の平均値は約8000ベクレルだったことから、減少傾向は見られるとい…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文714文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集