山梨・道志村で発見の骨、不明女児と断定 DNA型鑑定で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 山梨県道志村で見つかった人骨について、山梨県警は14日、DNA型鑑定の結果、2019年9月に同村のキャンプ場から行方が分からなくなっている小学1年だった小倉美咲さん(行方不明時7歳)=千葉県成田市=のものと断定したと発表した。山梨県警捜査1課は事件と事故の両面で捜査を続け、美咲さんが死亡に至った経緯について調べる。

 県警などによると、DNA型鑑定を進めていたのは右側の肩甲骨。5月4日に道志村のキャンプ場近くで捜査員らが見つけた。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文640文字)

あわせて読みたい

ニュース特集