連載

わたしのふるさと便

あまり知られていない観光スポットや地元で人気の食べ物を、現地で勤務する支局長が紹介。47都道府県を巡ります。

連載一覧

わたしのふるさと便

わたしの穴場 兵庫県 豊岡市「玄武洞」 異次元への入り口 豊岡市在住・劇作家 平田オリザさん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国の天然記念物「玄武洞」=兵庫県豊岡市赤石の玄武洞公園で4月 拡大
国の天然記念物「玄武洞」=兵庫県豊岡市赤石の玄武洞公園で4月

 兵庫県北部の豊岡市は、観光資源の宝庫だと実感しています。2019年9月に家族で東京から引っ越してきて、最も気に入っているのは玄武洞ですね。160万年前の火山活動でできた洞で、溶岩の割れ目が柱状に固まった柱状節理が斜めに並んでいて、目の前に立つと次第に平衡感覚を失う気分になります。何度行っても驚きがあります。

 南北の地磁気が過去に逆転していたことが判明したのも、玄武洞の岩石の研究がきっかけでした。地球史の、この科学的事実をヒントに、玄武洞脇の洞穴をくぐって別世界にたどり着く「十五少年・少女漂流記」を書き下ろし、地元の中高生に演じてもらいました。異次元の世界に連れていかれるような不思議な空間です。9月の豊岡演劇祭では、玄武洞前でパフォーマンスができればいいですね。

 豊岡市の魅力は玄武洞だけではなく、むしろ多様性です。温泉で有名な城崎、そば処(どころ)で有名な出石(いずし)など個性的な町の合併で大きくなり、相乗効果が出ています。神鍋高原ではスキーだけではなく、気球やモトクロスも楽しめ、コウノトリの郷(さと)公園もある。日本海の「青の洞窟」とも言われる竹野浜の清瀧(せいりゅう)洞門へは、小型船やカヌーでしか行けませんが、幻想的な光景が楽しめます。

 昼のスポーツと夜のアート、そして人を引き付けるスポット。実に多彩な但馬は国際的なリゾートに脱皮できるポテンシャルがあります。【聞き手=神戸支局長・石川隆宣】

拡大

 <メモ>

 玄武洞がある玄武洞公園へは、JR山陰線の城崎温泉駅や豊岡駅からは車で10~15分。玄武洞駅からは渡し船(大人片道400円、要予約)を利用できる。公園は入場無料だが改修工事中。五つある洞のうち青龍洞は現在観覧できない。また、玄武洞も5月9日から今夏の工事終了まで間近には見られなくなる。リニューアルオープン後は有料(大人500円)となる予定。近くには玄武洞ミュージアム(0796・23・3821)がある。問い合わせは豊岡市大交流課(0796・21・9016)。


次回は沖縄県です

 「言わせて!県民あるある」への投稿をお待ちしています。ふるさと自慢や旅行・出張時の思い出などをお寄せください。15日が山形県、締め切りは7日です。400字程度、県名、住所、氏名、年齢、職業(元職も可)、電話番号(携帯番号も)を明記し、郵便は〒100―8051(住所不要)毎日新聞地方部「わたしのふるさと便」係、メールはt.chihoubu@mainichi.co.jpへ。掲載分の著作権は毎日新聞社に帰属します。ただし、投稿者本人の利用は妨げません。毎日新聞の電子媒体にも掲載します。

拡大

 ■人物略歴

平田オリザ(ひらた・おりざ)さん

 1962年、東京生まれ。劇作家・演出家。劇団「青年団」主宰。2019年、「日本文学盛衰史」で第22回鶴屋南北戯曲賞受賞。演劇と観光を学べる兵庫県立の芸術文化観光専門職大(兵庫県豊岡市)が21年に開学し、学長に就任した。豊岡演劇祭のフェスティバル・ディレクターも務める。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集