連載

温又柔の日本語の住人として

台湾生まれ、日本育ちの作家・温又柔さんのコラムのページです

連載一覧

温又柔の日本語の住人として

台湾に生まれ、日本で育って どちらも「自分の国」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
=宮本明登撮影
=宮本明登撮影

 私の両親は台湾人だ。私自身も台湾の台北市で生まれた。3歳になる目前から今に至るまで、この日本の東京で暮らしている。

 「お国は、どこなの?」「お国の言葉は、どれぐらい話せるの?」「あなたのお国では、こういうとき、どうするの?」

 こんな質問を受けるたび、子どもながらに私は律義に答えてきた。

 「はい、台湾から来ました」

 「はい、台湾の言葉は、少しだけなら話せます」

この記事は有料記事です。

残り1436文字(全文1617文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集