新型コロナ 大阪独自基準だけで公表してみたら… 重症者1日で半減 「実態と違う」国基準に不服

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省が集計している新型コロナウイルスの国内の重症者数がある日、半減した。全国でも突出して多かった大阪府の人数が前日から大きく減ったためだ。府は「今までの人数が実態と違った」と説明する。これまでも国に対応を求めていたが受け入れてもらえず、「ある奇策」を放ったところ、府が「正しい」と考える人数に変わったそうだ。どういうことなのか。

 237人減――。4月15日、重症者数の前日比を示す厚労省のホームページ(HP)に驚くべき数字が掲載された。4月以降の重症者数は400~500人台で推移していたが、この日で一気に230人へと半減したのだ。前日時点で重症者数281人と全国の6割を占めていた府が前日比84%減の45人に激減したことが要因だった。

この記事は有料記事です。

残り1189文字(全文1511文字)

あわせて読みたい

ニュース特集