あの町の逸品

青森・鰺ケ沢 白神山地の水 口当たりのよさ評判 体に負担少ない軟水

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「白神山地の水」を持つ白神山美水館の太田正史営業部長=青森県鰺ケ沢町の同社で2022年4月26日、近藤卓資撮影
「白神山地の水」を持つ白神山美水館の太田正史営業部長=青森県鰺ケ沢町の同社で2022年4月26日、近藤卓資撮影

 世界最大級のブナの原生林が残り、1993年に世界自然遺産に登録された青森県と秋田県にまたがる白神山地。北側に位置する青森県鰺ケ沢町で生産されるミネラルウオーター「白神山地の水」が、同町のふるさと納税返礼品として人気を集めている。自然の恵みを生かした口当たりのよさが評判で、生干しイカに次ぎ、寄付額の約15%を占める人気商品だ。

 製造しているのは白神山美水(びすい)館(太田正光社長)。白神山地が世界自然遺産に選定されたのを機に、地元の良質な水を全国に知ってもらおうと、95年に製造を始めた。白神の森に降った雨は地表を覆うブナの葉土に蓄えられ、長い時間をかけて地下に浸透する。この天然土壌がフィルターになり、不純物が取り除かれ湧き水となって地表に出る。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文931文字)

あわせて読みたい

ニュース特集