連載

佐世保発!

佐世保支局長のコラムです。社会問題や街の話題など、さまざまなテーマで語ります。

連載一覧

佐世保発!

IRに漂う空気 /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 マカオのカジノで働く日本人の著書(尾嶋誠史著「天国と地獄」ポプラ社)を興味深く読んだ。

 経済成長に伴い増加した中国の富裕層は、厳しい税制を逃れるため、あるいは国内に豪遊できる場所がないため、こぞってマカオのカジノに訪れるそうだ。そもそも中国で賭博は法律で禁止されているがマカオは海外扱い。マカオのカジノの年間売り上げは3兆~4兆円に上るそうで、中国の富裕層の多さ、カジノへ投じる金額の大きさは半端ない。売り上げが多すぎて、住民に税金を還付しているというから驚く。

 一方でデメリットも紹介している。カジノで膨大な借金を抱え本国に帰らず逃亡する人▽全財産を失ってホテルで自殺する例▽深刻なギャンブル依存症――など。カジノでは現金ではなくチップを使うため、金銭感覚が鈍って自宅や株を担保に借金を重ねるというケースも多いらしい。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文788文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集