3年ぶり「八十八夜茶摘みの集い」 初夏の新茶青々 京都・宇治

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 立春から88日目にあたる2日、日本を代表する茶の産地・京都府宇治市で「宇治新茶・八十八夜茶摘みの集い」が3年ぶりに開かれ、新茶をPRした。

 京都に初夏の訪れを告げる恒例行事だが、新型コロナウイルス禍のため2020、21年と2年連続で中止になり、21年はPRのための茶摘み撮影、配信のみが行われた。

 この日は同市の宇治茶会館でオープニング…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文349文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集