特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

すべての子供に未来があるべきだ 鎌田實さんのウクライナ支援

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鎌田實さん=東京都渋谷区で2020年11月1日、熊谷豪撮影
鎌田實さん=東京都渋谷区で2020年11月1日、熊谷豪撮影

 ロシアの侵攻によって古里を追われたウクライナ人たちの惨状に、医師で作家の鎌田實さん(73)は心を痛めている。チェルノブイリ原発事故で放射能に汚染された地域の医療支援を通じ、旧ソ連時代からウクライナの人たちとつながりを持ってきたからだ。「日本チェルノブイリ連帯基金」(JCF)というNPOを設立して31年間、理事長として活動する。いま、主な支援対象はウクライナ国内や隣国に逃れた母親や子供たち。その具体的な要望の把握を重視する。鎌田さんに支援の現状を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り4193文字(全文4422文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集