特集

知床観光船事故

2022年4月23日、知床半島沖で観光船が沈没。乗客乗員計26人のうち14人が死亡、12人が行方不明に。

特集一覧

観光船運航会社社長が基準違反認める文書 遺族に「事故回避できた」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
家宅捜索に入った「知床遊覧船」の事務所(左)から押収した資料などが入った段ボールを運び出す海上保安庁の職員ら=北海道斜里町で2022年5月2日午後8時3分、貝塚太一撮影
家宅捜索に入った「知床遊覧船」の事務所(左)から押収した資料などが入った段ボールを運び出す海上保安庁の職員ら=北海道斜里町で2022年5月2日午後8時3分、貝塚太一撮影

 北海道・知床半島沖で乗客乗員計26人が乗った観光船「KAZU Ⅰ」(カズワン)が沈没した事故で、運航会社「知床遊覧船」(斜里町)の桂田精一社長が乗客の家族に対し「(自社で定めた)運航基準通りに運航を行っていれば、より早期に帰港決定するなど事故の発生を回避できた可能性はあった」と、基準違反を認める文…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

【知床観光船事故】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集