特集

知床観光船事故

2022年4月23日、知床半島沖で観光船が沈没。乗客乗員計26人のうち14人が死亡、12人が行方不明に。

特集一覧

勝浦事務所、管内事業者に運休指導 船舶点検で1隻、救命浮器が劣化 /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 北海道・知床半島沖の観光船沈没事故を受け、和歌山運輸支局勝浦海事事務所などが実施した船舶の緊急安全点検で、1事業者の1隻に不備が見つかったことが2日、同海事事務所などへの取材で判明した。備え付けの救命浮器に、経年劣化のため、必要な浮力が失われている恐れがあったという。近畿運輸局は船舶安全法に基づき、事業者に対して取り換えるまで船を運…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

【知床観光船事故】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集