報道自由度、香港80位から148位に大幅後退 日本は71位

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
当局による弾圧で廃刊に追い込まれた香港の民主派紙「蘋果(りんご)日報」の最終号(2021年6月24日付)の1面=福岡静哉撮影
当局による弾圧で廃刊に追い込まれた香港の民主派紙「蘋果(りんご)日報」の最終号(2021年6月24日付)の1面=福岡静哉撮影

 国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は3日、2022年の世界各国の報道自由度ランキングを発表した。対象180カ国・地域のうち、日本は昨年から四つ順位を下げて71位。ノルウェーが6年連続で首位だった。ウクライナ侵攻に絡み、報道規制を強化したロシアは155位へ五つ下落した。

 RSFは、民主主義国で偏向報道の増加やネット交流サービス(SNS)を通じた偽情報の拡散により社会の溝が深まっていると指摘。クリストフ・ドロワール事務局長は声明で「強権国家は(…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

あわせて読みたい

ニュース特集