慎重派の福井県原子力委員が辞めた理由 詳報

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「独立し総合的に原発の安全性を議論する場が必要」と訴える田島俊彦・福井県立大名誉教授=富山市で2022年3月23日午後4時40分、岩間理紀撮影
「独立し総合的に原発の安全性を議論する場が必要」と訴える田島俊彦・福井県立大名誉教授=富山市で2022年3月23日午後4時40分、岩間理紀撮影

 福井県の諮問機関で原発の安全性を評価する県原子力安全専門委員会で、14年にわたり強く安全性に疑念を訴え続けてきた田島俊彦・同県立大名誉教授(76)が3月31日、自ら退任した。時には独り慎重論を投げかけたが、原発容認の多数派に押し切られたこともあった。14年間の委員在任に区切りをつけた理由を詳細に語った。【岩間理紀】

この記事は有料記事です。

残り3440文字(全文3599文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集