「天然のプラネタリウム」次の世代へ 星空保護区の東京・神津島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「星空保護区」に認定されている神津島の夜空にきらめく天の川。手前下は観光名所の「ジュリアの十字架」=東京都神津島村のありま展望台で2022年4月29日、長谷川直亮撮影(25秒露光)
「星空保護区」に認定されている神津島の夜空にきらめく天の川。手前下は観光名所の「ジュリアの十字架」=東京都神津島村のありま展望台で2022年4月29日、長谷川直亮撮影(25秒露光)

 東京都心から南へ約180キロ。夜空に満天の星が広がる自然豊かな神津島(東京都神津島村)は2020年12月、「星空版の世界遺産」と言われる「星空保護区」に認定された。

 星空保護区はNPO国際ダークスカイ協会(本部・米国)が認定する制度。夜空の暗さ、屋外照明に厳しい基準があり、「星がきれいに見える」だ…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

あわせて読みたい

ニュース特集