北陸オブジェ!

/5 福井・大野 市化石発掘体験センター HOROSSA! ゆかりの恐竜、新入り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新設されたディロングのオブジェ=福井県大野市角野の同センターで2022年4月23日午後0時14分、大原翔撮影
新設されたディロングのオブジェ=福井県大野市角野の同センターで2022年4月23日午後0時14分、大原翔撮影

 福井県大野市内に広く分布する古生代(約4億4000万年前)~白亜紀前期(約1億3000万年前)の地層の岩石を使った発掘エリアで、化石発掘を体験できる「大野市化石発掘体験センター HOROSSA!(ホロッサ)」。その入り口に今年4月、センターの開館5周年を記念し、福井にゆかりのある2体の恐竜のオブジェが新設された。

 新設されたのは、フクイラプトル(高さ2・7メートル、長さ4・7メートル)と、ディロング(高さ1・45メートル、長さ2・15メートル)のオブジェ。2体とも、高さ約50センチの台座に乗っている。フクイラプトルは、県内で多くの化石が見つかっている福井になじみ深い獣脚類の恐竜。ディロングは、ティラノサウルスの祖先で、1996年に大野市下半原の地層でティラノサウルス類でディロングに近いとされる歯の化石が見…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文695文字)

あわせて読みたい

ニュース特集