連載

きょうはみどりの日

5月4日は「みどりの日」。世界中で気候変動や温暖化による問題が可視化されるなかで、対策を訴える人々がいます。

連載一覧

きょうはみどりの日

今見直される、森林の価値 森田香菜子さん/斉田季実治さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
気象予報士の斉田季実治さん(左)と森林総合研究所主任研究員の森田香菜子さん=東京都千代田区で2022年4月21日、和田大典撮影
気象予報士の斉田季実治さん(左)と森林総合研究所主任研究員の森田香菜子さん=東京都千代田区で2022年4月21日、和田大典撮影

 2021年に放送されたNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」では、後に気象予報士になる主人公が森林組合での経験を通じて、森と海と大気がつながっていることを実感するシーンが印象的だった。このドラマの気象考証を担当した気象予報士の斉田季実治(さいたきみはる)さんと、森林総合研究所主任研究員の森田香菜子さんが、森や木の魅力を語り合った。(司会は大場あい科学環境部副部長、写真は和田大典)

この記事は有料記事です。

残り3255文字(全文3446文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集