エンジンルームから子猫救出 生後間もない120グラム 成田

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 千葉県成田市中台で1日、駐車中の乗用車のエンジンルームに入り込んだ子猫の救出劇があった。ジャッキで車を持ち上げて助け出された猫は衰弱していたが、少しずつ回復している。

 救出作業に関わった星野慎太郎市議(54)によると、1日朝、近所の住民が駐車場に止められた車のボンネットから猫の鳴き声がすることに気づいた。車の持ち主と星野市議らがボンネットを開けるなどして捜したものの、見つけることができず、日本自動車連盟(JAF)に連絡した。駆け付けたJAFのスタッフがジャッキで車を持ち上げ、下部のパネルを外すと、中から子猫が出てきた。

 子猫は体長10~15センチ、体重約120グラム。生後間もないとみられる。大人のメス猫の死体が4月30日に近くで見つかっており、親猫だった可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文690文字)

あわせて読みたい

ニュース特集