特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナワクチン調達費2.4兆円 不透明さの背景に「秘密保持契約」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全日空機でベルギーから到着し、降ろされる新型コロナウイルスワクチン=千葉県成田市の成田空港で2021年2月21日午前10時16分、中村宰和撮影
全日空機でベルギーから到着し、降ろされる新型コロナウイルスワクチン=千葉県成田市の成田空港で2021年2月21日午前10時16分、中村宰和撮影

 巨額の予算が投じられた新型コロナウイルス感染症対策。菅義偉、岸田文雄両政権は命運をかけてワクチン接種を進め、重症化予防などで確かな効果が見られた。その一方で、海外メーカーとの交渉に苦心し、調達費は計2兆4000億円に膨れ上がった。契約内容が明らかにされないなど不透明さが残る中、一連の経過から見える教訓は何か。【横田愛、矢澤秀範】

この記事は有料記事です。

残り3554文字(全文3720文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集