万博・新駅「夢洲」 基本デザイン決定 多様に広がる「移世界」 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
地下鉄「夢洲駅(仮称)」の改札前のデザイン=共同
地下鉄「夢洲駅(仮称)」の改札前のデザイン=共同

 大阪市の第三セクター「大阪港トランスポートシステム」(OTS)は、2025年大阪・関西万博の会場でカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の予定地でもある人工島・夢洲に設ける地下鉄「夢洲駅(仮称)」の基本デザインを発表した。「折り紙天井」と呼ばれる、山折りと谷折りが連続するような形状で、空間の広がり…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

あわせて読みたい

ニュース特集